当サイトの記事には広告が含まれます

無印なめらか吸水ショーツの体験レビュー|履き心地&吸水性◎

今回の記事では、筆者が実際に使っている「 無印良品 なめらか吸水サニタリーショーツ 」についてお話していきます。

ちなみに、筆者が愛用中の 漏れナシ!履き心地よし! の最強吸水ショーツについては、こちらの記事でご紹介していますのでよかったらぜひご覧ください。^^

※本記事の画像は、全て使用前の写真となっておりますので安心してご覧ください。

無印良品 なめらか吸水サニタリーショーツ|体験レビュー

無印良品|なめらか吸水サニタリーショーツ

なめらか吸水サニタリーショーツを選んだ理由

まず、筆者が吸水ショーツを選ぶ基準としては、

・吸水量
・履き心地
・漏れにくそうなデザイン

の、3つを重要視しています。

無印良品には普通のショーツの形をした吸水ショーツもありますが、筆者の希望を叶えてくれたのはボクサータイプの「 なめらか吸水サニタリーショーツ 」だったので、今回はこちらを購入しました。^^

なめらか吸水サニタリーショーツ|前面

( お値段も1990円で、吸水ショーツの中ではかなりお手頃価格…! )

ちなみに…筆者は、なるべくお手洗いのときに経血を出すように心がけているので、本当は20mlくらいの吸水ショーツでもいいのですが。。

「 万が一 」を考えると、吸水量は多いほうが安心なので、他の商品と比較して購入するようにしています。

なめらか吸水サニタリーショーツ|吸水体部分

あと「 家にいるとき 」または「 自由にお手洗いへ行ける環境のとき 」は、もし漏れてしまったとしてもすぐに履き替えることができるので、普通のショーツ型でも全然問題ないのですが。。

それ以外( 外出時など )は、体にフィットするショーツがくい込みにくいタイプ の方がより安心できるので、吸水ショーツを購入するときは、家でも外でも使えるボクサー型の方を選んでいます。

ボクサータイプなら、夜の寝返り時も安心ですし。^^

履き心地・吸水性

無印良品のなめらか吸水サニタリーショーツは、モチモチした肌触りのよい生地で履き心地もよく、吸水性も高いので多い日でも安心でした。^^

ただ、吸水体の部分が23.5cmくらいなので、1日目〜2日目の夜用には向いてないかも。。

なめらか吸水サニタリーショーツ|吸水体部分

もし多い日の夜に使うとしたら、夜用の紙ナプキンを併用するかな?という感じ。

でも筆者はベアのシグネチャーショーツを持っているので、夜はこちらを履いてグッスリ寝ることにしています。

筆者は、吸水ショーツの快適さに慣れてからというもの、もう紙ナプキンでは寝られない体になってしまったので。。

( 紙ナプキンはムレるし、ガサガサの肌触りがすっごいストレスで…>< )

もし、日中に吸水ショーツを使うのはムリ…という方は、夜眠るときだけでも吸水ショーツを使えば生理中の不快さが少しは減ると思うので本当におすすめです。^^

乾燥機の使用について

吸水ショーツって、もしかしたらほとんどの商品が乾燥機NGなのかも…?

無印良品のなめらか吸水サニタリーショーツも、筆者が愛用しているベアの吸水ショーツもタグを見る限りでは乾燥機NGだったんですよね。。

( 劣化を防ぐためだったり、他にも色々と理由がありそう )

なめらか吸水サニタリーショーツ|洗濯表示タグ

それにもかかわらず筆者は、吸水ショーツの使い始めや、心に余裕があるとき以外はガンガン乾燥機にまわしちゃってます。。

だって、干すのがめんどくさいから。。笑

まぁ今のところ、特に吸水量の変化も感じていないですし、今後もフツーに乾燥機使っちゃうだろうな…って思ってます。。><

※だからといって乾燥機に入れてOKってことではありません…!そこは各々自己責任でお願いします。。

乾燥機を使用することで劣化が早まってしまうのは、もう覚悟の上。

現に、筆者が2ヶ月前に購入したなめらか吸水サニタリーショーツは若干縮んでいます。笑

でも今のところ履き心地と吸水量に変わりはありません。それも含めてとても優秀です。^^

なめらか吸水サニタリーショーツ|薄過ぎずちょうど良い厚み

まとめ

今回は、無印良品 なめらか吸水サニタリーショーツの体験レビューをまとめてみました。

肌触りもよく、おサイフにもやさしいので、吸水ショーツ初心者の方にも「 一度試してみては? 」とおすすめできる商品です。

この記事が少しでも参考になりますように。^^

>> 筆者が愛用するベア吸水ショーツについてはこちらの記事をどうぞ。

コメント

\当ブログで使用中のサーバー/

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました